歯科医師の持つ技術と、日々の歯のトラブル改善方法

Dentistry

日本と海外の歯の意識

日本における歯の健康についての考え方

海外では歯の健康についての意識が高く、特にアメリカでは歯並びがよくなければ、子どものうちから歯科矯正をさせるのが親の義務という考え方が浸透しています。 もし、歯並びが悪かったりむし歯を放置していたりすれば、その人は自己管理ができていないと見なされ、仕事にも大きく影響することもあるほどです。 ですから、定期健診を受けるのは当然のことで、半年に一度は必ず歯科医院を訪れるのは当たり前のことなのです。 日本では、まだまだこの考え方は浸透していませんが、少しずつ歯に対する考え方が変わりつつあるのは事実です。歯科医や保健所を中心に歯科指導がなされ、確実に変化が見られ始めましたから、あと数年もすればまた変わるでしょう。

定期健診を受けることのメリット

むし歯を放置しても自然に治ることはありません。放っておけばどんどんむし歯は進行し、しまいには神経まで達してしまうこともあります。 むし歯のある口の中は、いつほかの歯がむし歯に侵されてもおかしくないので、早めに治療して、ほかの歯に影響が出ないようにしないといけません。 定期的に歯科健診を受けるメリットは、常に歯や歯ぐきをチェックすることにより、むし歯の早期発見もできますし、未然に防ぐことも可能なのです。 歯石除去や歯のクリーニングをしてもらえば、いつもきれいな状態でいたいという思いから、歯磨きも丁寧になりますし磨き方も上達しますから、自然とむし歯になりにくくなるのです。 定期健診は、気持ちも向上させてくれるのでしょう。